天ぷら油リサイクル!バイオディーゼル燃料 | 株式会社 寿バイオ
co2_01.gif

使用済み天ぷら油で車が走ります!

 使用済み天ぷら油などの廃食用油をそのまま捨ててしまうと、水質汚染などの原因となります。でも実は、廃食用油も貴重な資源になるのです。

 株式会社寿バイオでは、レストラン・食堂・飲食店・学校給食・食品工場などから排出される揚げ物・炒め物などの廃食用油を回収し、ディーゼルエンジンの軽油代替燃料(BDF)バイオディーゼル燃料に精製リサイクルしています。

 今まで捨てていた使用済み天ぷら油でディーゼルエンジン搭載の車が走ります。

バイオディーゼル燃料が作るカーボンニュートラルの輪

バイオディーゼル燃料が作るカーボンニュートラルの輪

バイオディーゼル燃料の主な原料である植物油は、地球上の二酸化炭素を吸って育った植物を原料としているため、理論上、植物油を燃焼して排出される二酸化炭素排出量はゼロとカウントされ、地球上の二酸化炭素を増加させません。(これがカーボンニュートラル)

そのためこの燃料は、温室効果ガス抑制を目標とした京都議定書においても二酸化炭素の排出にカウントされないことが取り決められております。つまり理論上、CO2排出ゼロの燃料です。石油不足の懸念も指摘される中、エネルギーの自給・有効利用への注目が高まっています。