バイオディーゼル燃料の特徴

環境・健康にやさしく、わたしたちの住む地球を元気にするエネルギーとして、今後ますます多方面から注目をされています。

軽油使用時に比べ排気ガス中の有害物質を削減できます

ぜんそくの原因となる黒煙(PM) 1/3~1/6に削減します
酸性雨の原因となる硫黄酸化物(SOx) ほぼゼロになります
温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2) ゼロカウントとなります

二酸化炭素(CO2)の排出量がゼロカウント

バイオディーゼル燃料は二酸化炭素を吸収して成長する植物を原料としている燃料であるため、 京都議定書上の二酸化炭素排出量はゼロとカウントされます。 『植物の成長過程で吸収する二酸化炭素量=燃焼によって発生する二酸化炭素量』となっています。これをカーボンニュートラルといいます。 化石燃料の軽油をバイオディーゼル燃料に代替することによって、地球温暖化を防ぐ一助となります。

カーボンニュートラルイメージ

カーボンニュートラルイメージ図

市販のディーゼル車で使用可能 燃費の比重や燃焼効率を考えるとほぼ同等

バイオディーゼル燃料は市販のディーゼル車に無改造で使用することが可能です。 軽油よりも発熱量は低いものの、燃料の比重や燃焼効率を考えるとほぼ同等です。
バイオディーゼル燃料と軽油の比較
バイオディーゼル燃料と軽油の比較図